青島です。

先日、ネットビジネス初心者の方から質問をいただいた内容で、「転売とアフィリエイト、どちらを始めようか悩んでいます」といったご相談がありました。

僕は普段、アフィリエイト関連のことを中心にブログを書いていますが、せっかくなのでここで一度、転売とアフィリエイトのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

ネットビジネスのゴールデンルールに従って稼ぐ?

ちょっと前に、ネットビジネス業界で有名な小玉歩氏が「クビでも年収1億円(クビ億)」という本を出して話題になりました。


(けっこう面白いし、中古なら安いので、余裕がある人はぜひ^^)

僕もずいぶんと前に読んだのですが、クビ億の内容で「(ネットで稼ぐための)ゴールデンルール」というものがあったはずです。

ざっくりですが、確かこんな感じでネットで稼ぐための段階が解説されていたと思います。

  1. 不用品販売(物販)
  2. ネットショップで販売(物販)
  3. メルマガ発行(アフィリエイト)
  4. コンテンツ販売

 
確かに、この段階を踏まえてネットビジネスに取り組むのは、非常にやりやすいし、比較的多くの人が、この順番で結果を出したと思います。

実は僕も、ネットビジネスに取り組んだ流れとしては、ほとんどこんな感じです。

一番最初に大きくお金を手に入れたのは、Amazon中国輸入でした。※大きく失敗もしたけどw

ではここで、なぜ物販がネットビジネスで初めに取り組みやすいのか?

そして、なぜアフィリエイトは物販より成果が出にくいと言われているのか?

ということを、改めて考えてみました。

インターネット物販ビジネスが成果を出しやすい理由

ブログを書きながら、ぱっと思いついた転売とアフィリエイトの違いですが、だいたい、大筋ではこんな感じだと思います。

※メリット「赤」
※デメリット「黒」

「転売・物販ビジネス」

  • 売り買いがイメージしやすいので初心者でも安心
  • 既存のプラットフォームの力を利用できる
  • 実際にお金を手にするまでが早い(1~2日)
  • 売買に関する物理的な作業が多い(仕入れ・出荷など)
  • ということで、自動化する仕組みづくりが難しい。
  • 大きく稼ぐための、効率化と仕入れ準備金のハードルが高い。

 

「アフィリエイト」

  • 初期資金や経費がほとんどかからない
  • そのため、コツコツ作業で安心して継続できる
  • ブログ=資産となるので、自動化する仕組みづくりが意識せずとも可能
  • コツをつかめば、何をアフィリするのも一緒。高単価商品で容易に月収7桁越え。
  • ゼロ⇒1を達成できれば、同じ仕組みを量産するだけでも高額報酬可能。
  • いつでもどこでも、旅行中でもパソコンさえあれば稼げる。
  • ほとんどの場合、ゼロからサイトを作らなければならない。
  • 集客でつまづく、記事作成でつまづく人が多い。
  • 実際にお金を稼ぐまで、お金が入ってくるイメージがしにくい。

 
転売は初期で稼ぎやすいけど、大きく稼ぐには、仕組みづくりと仕入れ資金がネックになる。

逆に、アフィリエイトは実際に軌道に乗るまでに時間がかかる代わりに、大きく稼ぐときも作業量的には初期とほぼ同じか、逆に楽になる。

このような2つのビジネスの特徴を考え直すと、ネットで稼ぐために、ひとつずつ確実に土台を作っていくなら、まずは物販ビジネスでお客さんとのやり取りを学んだり「実際に、ネットで稼ぐ体験をする」という意味では、物販ビジネスから取り組んだ方が、敷居が低いと思います。

ただし、仕入れ資金が用意できないなどの理由がある人は、アフィリエイトで、ネット集客術などや記事作りを学びながらコツコツと作業していくという形が、金銭的負担が少なく、おすすめです。

ネットビジネスを始めるために、お金を、ある程度準備できるか?

それとも、しっかりとした作業時間を、ある程度作れるか?

 
ということが、物販を選ぶのか、アフィリエイトを選ぶのかの大きな分岐点だと思います。

物販ビジネスとアフィリエイトの大きな違いを検証

物販ビジネスとアフィリエイトを比較した場合、何が違うかなぁ・・・と、もうちょっと深く掘り下げて考えてみましたが、

「安く買って高く売るというシンプルさ」

「モノを買うというのは生活の一部だから」

 
ということは非常によく言われることで、物販ビジネスは「売る方も買う方もイメージしやすい」といったことはあると思います。

ただし、ここで僕が思ったのは、物販でもアフィリエイトでも、「買いたい人が見つからなければ、そもそも売れないよね」ということです。

要するに、商品需要と、それに対する集客の大切さです。

物販ビジネスでもアフィリエイトでも、当たり前のことだけど、非常に重要だと思います(笑)

そこで気づくのが、「物販ビジネスは、大手プラットフォームの集客力を利用できるから結果が出しやすい」ということが、かなり大きいのではないか?ということです。

しかも、商品需要的には、売れている商品をリサーチし、転売していくのだから、あらかじめ売れるものを選出しているわけです。

なので、物販が結果を出しやすい理由は、「シンプルかつ、売れる仕組みづくりがしやすい」というところにあると思います。

それとは反対に、アフィリエイトを取り組むにあたり、集客で悩む人が非常に多いです。

検索エンジンのランキングで上位を取得するためのSEOとかキーワードとか、ゼロから始めようと思ったらなかなか難しいですからね。

SNS集客などもありますが、やはり全く知らない人からの情報で知らない商品を買うというのは、顧客心理としてはハードルが高いと思います。

それと比較すると、物販ビジネスは、だいたいプラットフォームが決まっています。

そして、売る商品も既存のものがほとんどです。

ネットビジネス系の転売ノウハウでよく使われるのは、Amazon、ヤフオク、メルカリ、ヤフーショッピングなど、いずれも、集客力は申し分がないです。

そこで、お客さんが求めているものを売り出せば、値段などの条件はありますが、簡単に売れていきます。

なぜなら、非常に多くの人が、あなたの商品を見てくれるから。

売るために必要な一番最初のハードルである「集客」の部分を、大手サイトの力を使って、あなたの何倍もの力でお客さんを呼び込んでもらえます。

逆に、アフィリエイトは、この集客の部分を、ほとんどの場合は、サイトやブログの立ち上げ段階ではゼロから構築しなければなりません。

※この集客の部分を無視したのが「JLS」というツールです。

まずは、難題の「集客」の部分の悩みを考えずに済む「モノが売れる、ネットで収入を得る経験」を、物販ビジネスは容易に達成してくれることが利点です。

個人で大きく稼ぐには、転売とアフィリエイトでは勝負にならないほど、アフィリエイトが有利と思いますが、副業~サラリーマンの月収くらいまでだったら、数万円程度の初期資金が必要なものの、まずは物販ビジネスから土台づくりをしていくのも結果を出すためのコツのひとつだと思います。

「でも、せどりや転売は、もう飽和しきっているでしょ!」という人は、最新の物販ノウハウ「RIB」「需要のあるオリジナル商品」を簡単に販売できる手法が公開されたので、「自分だけのネットショップを持ちたい!」と思っている人を含めて、ネットで稼ぐための土台作りを物販ビジネスから始めても、面白いと思います(^^)

僕は、今となっては、アフィリエイトばかりですが、

  • Amazon米国輸入・輸出
  • Amazon欧州輸出
  • Amazon中国輸入

 
と、少し前まで盛んだった物販やせどり転売の手法は、すべて自分自身でやって、それなりに結果を出していますので「今後もずっと、物販でバリバリ数百万円の利益出してるぜ!」という「物販ビジネスイケイケ系の人」でないかぎりは、そこら辺の怪しい物販ビジネスコンサルタントより、濃いサポートができると思います(笑)

というか、売上を上げるための基本は、物販もアフィリエイトも変わらないですからね(^^)

インターネット物販ビジネスで結果を出して、時間に拘束されずに稼げるようになると、大きく稼ぐためのアフィリエイトでも、断然結果が出しやすくなります。

今後、アフィリエイトに取り組むときでも、物販ビジネスで得た経験やノウハウは、絶対に役に立つので、初心者だけではなく、アフィリエイトでうまくいかなかった人も、一度、物販ビジネスを選択してみるのも良いと思います(^^)

ネットビジネスに関する悩みや相談があったら、物販でもアフィリエイトでもお気軽にメールください(^^)

ではでは、青島でした。

【この記事で紹介したおすすめのノウハウやツール】
オリジナル商品販売は簡単!「RIB」で即金を稼ぐ!

集客せずにアフィリエイトを「仕掛ける」ツール登場

【成果の声・続出】コンテンツ販売・超初心者向け教材