青島です。
 

今回は、ブログを書いている人向けに
読者の反応がある記事の書き方を
説明していきます。
 

というのも、トレンドアフィリエイトで
いわゆる「ごちゃまぜブログ」という
ジャンルを特定しない記事を投稿していて、
 
「やってもやっても売り上げが発生しない・・・」
 
という悩みを抱えていて、
僕のところにも多数相談が寄せられるからです。
 

だいたい、このように
 
「稼げない原因がわからない・・・」
 
と悩む人の多くは、
そもそも訪問してきてくれた人の
気持ちを置き去りにしている場合が多いです。
 

要は、自分のことでいっぱいいっぱいになり、
読み手のことを考えていないということになります。

これでは反応が得られないのも当たり前です。
 

ブログの記事を書いているのに
精いっぱいかもしれませんが
少しだけ視点を広げてみませんか?
 

いくらごちゃまぜジャンルと言っても
なんとなく記事を書いているより、
少しは掘り下げた方がいいというのは断言できます。
 

せっかく記事を書き続けられているので
あとは、本当に少しだけ頭をひねれば
売り上げは発生します。

 

サイト(ブログ)で伝えたいことと、集まる人を考える

アフィリエイトで結果を出すコツの
最重要ともいえる点は、
 
「集客している属性の人たちがほしいものを売る」
 
ということです。
 

ブログを書きっぱなしで、
どんな読者が訪問しているのか?まで
考える余裕がない人が多いです。
 

読者がなぜブログに来てくれているか?
意識しなければ、
どんなものが売れるかもわかりません。

 

悩みや欲求を抱えている人に、
それを解決する商品を紹介すれば
おのずと成約率は高まります。
 

なので、ある程度共通した悩みや
欲求を抱えている人を狙って集めるのが
成約率を高めるコツと言えます。

 

このため、本当に適当に
ごちゃまぜジャンルで書きまくると、
ある商品を紹介したとしても、
一部の人しか反応が返ってきません。
 

ごちゃまぜジャンルのブログを書くと言っても
各記事でどこか共通点を持たせた方がよく、
記事の最後で、
 
「別の記事も読んでみたい」
 
と思わせ、最終的に、
いつでも商品を紹介しているページに
飛べるようにサイト構成を仕掛けるのが有効です。
 

そのためには、あなたが運営している
サイトで伝えたいことを
明確にする必要があると言えます。

 

やりやすい方法としては、
紹介したい商品を決めてから、
その商品が解決できる悩みや欲求を
メモなどで箇条書きにしていきます。

そして、その悩みや欲求を抱えている人が
どういう人か?

どういった記事を読みたいのか?

どういった情報を必要としているのか?
 

と言ったことを分析していきます。

これを打ち出すためには、
ジャンルを絞れば絞るほど有効なので、
最終的には
 
「ジャンル特化型ブログ」
 
というものが、成約率も高いし、
収入も爆発しやすい理由となります。

 

ジャンルを絞ったブログ記事の具体的な書き方


 

現段階で、本当にジャンルを考えずに、
ただ書きたいネタのみを書いていた人は、
まずは、自分のブログを分析して、

  • カテゴリー分けできるか?
  • 今、訪問してくれている人はどんな人か?

訪問してくれている人の属性は、
人気のページのアクセス数などを
参考にするといいと思います。
 

分析した結果、集客できてそうな属性が
反応しそうな記事を書いていくのが
一番手っ取り早いです。
 

一例ですが、

  • 男性が多いのか?女性が多いのか?
  • 年齢層は何歳か?
  • 趣味はどんなことが人気なのか?
  • 普段何をしているのか?

などなど・・・。
挙げればキリがないですね。
 

例えば、芸能関係の記事を
アップしている人は多いと思いますが、
一言で芸能関係と言っても様々に分けられます。
 

お笑いなのか、アイドルなのか?
ドラマの分析なのか?

たまに、話題の芸能人ばかりを集めて
噂や過去などを調査した結果だけを
書きまくっている人がいますが、

これだとどんな商品を売りやすいのか?
サイト運営者としてもわかりにくいと思います。
 

例え、現状でもアドセンスで稼げたとしても、
アドセンスでさらに配信ジャンルを絞った方が
著しくクリック率が上がり、
アクセスに対する報酬が劇的に変わります。

 

アクセスの属性に対する、
配信情報の効率化とも言えます。

※ここでいう配信情報は、
アドセンスの広告ということです。
 

そういった意味では、
ただ話題だからというだけでなく、
扱う芸能人のジャンルを絞って、
さらに深く掘り下げた関連記事を
書いていくことをおすすめします。
 

このように作業を進めていくと、
例えば動画配信アプリを
アフィリエイトするにしても、
集客できている属性によって、
紹介記事の切り口は変わってきます。
 

訪問してきてくれた人が
反応するような視点(文章)で
商品などを紹介していくということです。

 

例ですが、お笑い好きが集まるような
記事を中心に投稿していった場合の、
動画アプリの紹介方法として、

ちなみに筆者は最近、テレビよりもスマホで見るお笑いにハマっています。

最近の地上波は、ちょっとしたネタでも問題になる事が多く、はっきり言って面白くないです。

動画アプリで配信されるネタなら、結構芸人さんがやりたい放題やっている場合が多いし、「これ、地上波じゃ放送できないだろwww」っていう演出も垂れ流し状態でライブ配信されています(笑)

移動中や、職場の休憩時間でも気軽に見れるし、もはやスマホの動画配信アプリがないと、筆者のお笑いライフは成り立ちません(^^;)

こちらのアプリは無料ですが、お笑い以外のジャンルも充実してて、操作も手軽なのでおすすめです。

↓↓↓↓↓

○○○○アプリのダウンロードはこちらから

 

実際は、僕も全然詳しくないジャンルなので
少し想像で書いてしまいましたが、
お笑い好きの人を集まるサイトで
このような文章で、動画アプリのアフィリをしたら
反応が上がると思いませんか?

イメージは沸きそうですか?
 

ただ、話題の芸能人を追っていくだけではなく、
ほんのちょっと、ジャンルを絞るだけで、
サイト全体のメッセージ性も変わるし、
アプリなどの紹介記事も書きやすくなります。

 

上記では、お笑いジャンルにしましたが、
例えば、人気ドラマに出演している人たちを、
過去作も含めて集めてみてもいいと思います。

もちろん、その他ジャンルも考え方的には同じです。
 

まず、トレンド記事を書くことに
慣れてきたら、

「どういう記事を書いたら、他のページも見てくれるか?」

「何を書いたらどういう人が集まるか?」

「その人たちは、何を欲しがるのか?」

「サイトはお気に入り登録してくれるか?」

「リピートしてくれるか?リピートしてくれる理由は何なのか?」

などなど、反応率を高めるために
考えることはたくさんありますが、
 
慣れるまでが大変なだけで、
慣れたらほとんど意識せずとも、
記事を書いていけるようになるはずです。
 

それはなぜか?

というと、反応率が上がってきたうえに
ジャンルを絞っていると、
どんどん記事が書きやすくなるし、
 
「反応率がある=報酬がある」
 
ということは、ブログを更新することが
楽しくなっていくパターンが定番と言えます。
 

たまにしか書いていない人は
実感ないかもしれませんが、
毎日書き続けている人は、
反応がそこそこでも、
更新しない日があると気持ち悪くないですか?

こういった感じで、習慣化することにより、
スキルアップの他、慣れや感覚が
自然と身につくようになります。

そしてやればやるほど、報酬やアクセスが
2次関数的に増えていく理由となります。
 

多くの人が、ここまで
達する前に挫折してしまいますが、
今回、お伝えした、
 
「完全に闇雲に記事を書き続けるのではなく、少しだけでも何らかの形でジャンルを絞る」
 
ということを意識するだけで、
結果が出る速度が飛躍的に高まります。
 

現在、ブログの反応がなくて
挫折しかけている人や、
 
これからトレンドアフィリを
始めようとしている人は、

「訪問してくれた人に何を伝えているサイトか?」

「実際に集まってきてくれている人はどんな人たちか?」

「その人たちに何を伝えれば、どういったものに反応するのか?」

という点を意識して、
ブログを更新してみてください。

 

追伸:

なお、今日お伝えしたことは、
せどり転売にも応用が効く、
マーケティングの基本と言えます。

基本をマスターすれば、いろんなことに
いくらでも応用が効くという典型ですね(^^)

 
初心者におすすめのアフィリエイト系教材について