青島です。

 

今回は、長くなったので2部構成です(笑)

第1部は、現在「仕掛ける側の立場」に立って、
ブログや商品を販売している人向けです。

【第1部】情報で商品の価値を操作する思考

 

今回の話題は、未だに情報商材を買いあさってしまう人に対して、
 
「販売者から与えられる情報で、商品価値は簡単に操作できるから危険だよ」
 
という話を、少し書いていこうと思います。

 

 

未だに詐欺商材を手に取って、
痛い目にあい続けている「仕掛けられる側の思考」の人は、
 
「与えられた情報で、勝手に商品価値を感じてしまう」
 
というハマり状態から抜け出す必要があります。

 

まず大前提として、情報商材というのは、あくまで情報です。
 

教材内容は、言わずとしても、ほぼ確実に、
何かしらの前提条件を求められることが多いので、
 
すでに、セールスレターの読み始めから、
販売者側と購入者側の意識の違いがあります。
 

それは、パソコンスキルや知識の違いもあるし、
今までの人生の経験上の話もあると思います。
 

初心者向け教材では、
上級者が新しく得る情報はないかもしれませんし、
 
上級者向け教材を、初心者が手にすれば、
「こんな内容は、難しくてできるはずがない!」と思って
さじを投げてしまうと思います。

 

だから「再現性はあるのかどうか?」ということばかり
気にする人がいますが、100人が100人とも、
意識している前提条件が違うのだから、
「再現性」というものを気にすること自体、意味が無いといえます。

 

もし、ノウハウの再現性を高めたいと思うのなら、
再現性を高めるための、
知識や経験を積んでいけばいいだけの話になります。
 

再現性を気にする=情報を主体とした思考なので、
いつまで経っても、自分自身がレベルアップできずにいます。
 

稼ぐための思考としては、教材を手にしたときに、
このノウハウをどうやって活かして、自分の手法に取り入れるか?
ということが重視すべき点です。

 

ここで言えることは、
販売者側は、前提条件が最高の状態で、
商品紹介をしていることが多い
ということ。

 

投資系教材で言えば、
たまたまうまくいった結果だけをデータ化して、
マイナスになったときは計上しないとか、
 
アフィリエイト系教材だって、
クソブログに1人だけアクセスがあって、
たまたま、報酬10万円の教材が1個売れただけで
 
「作業時間5分で1記事、月10万円稼ぐことも可能」
 
といったって、嘘かホントかと言われたら、
購入者側としてはブチギレ間違いなしですが、嘘ではないわけです。

 

だからこそ、情報を主体として情報商材を購入していると、
本来抱いていた期待と、大きく外れる確率が高くなる。

それが、「情報商材は詐欺ばかり」という思考を生み出すのです。

 

逆に、自分主体で、どんな知識を取り入れたいのか?
スキルを付けたいのか・・・?と考えた場合、
 
商材で書かれている甘い話の部分は、
そこまで鵜呑みにすることがなくなるはずです。
 

スキルアップが目的なら、報酬というのは意識せずとも
「結果」という状態で現れるにすぎないからです。
 

下手すると、情報商材を手にする人の意識次第では、
セールスレターに書かれている金額より、
全然大きく稼ぐことができる人も、たくさんいます。
 

ただし、単一の情報やノウハウに振り回されている人で、
大きく稼げた人は、聞いたことがないですけどね(^^;)

 

情報商材を購入するときに意識すべきこととは?

以上を踏まえて、レビュー記事なんかを考えると、
やはり、レビューする側の前提条件の違いで、
同じノウハウでも、
 

  • このノウハウはクソ過ぎて役に立たない
  • 稼げる可能性は異常に低いと思う
  • 革命的なノウハウが出てきた!
  • 稼げないのは考えられない

 
といった違いが生まれてきます。
 

そうなると、やはりここでも重要になっていくのが、
「このノウハウで稼げるのか?いくら稼げるのか?」
ではなくて、
 
「この教材を手にする事により、何が得られるのか?」
ということです。

 

セールスレターや、レビュー記事を読んでいくと、
おおよそ何が書かれているのか想像がつきます。
 

レビュー記事の正しい使い方は、
そこで自分にとって必要なものなのかどうか?の判断を、
 
稼げる金額ではなく、知識や経験を身に付けるという
視点で考えることだと思います。

 

僕だって今でも、
 
「うわ~、内容薄すぎ!セールスレターに書かれていたこと、盛り過ぎだろw」
 
と思うゴミ情報商材を手にする事もあるし、
でも、そんなゴミ商材だって、腐ってる部分を取り除けば、
何とか食える部分もあるんですよね。

 

リアルビジネスでも購入者に与える情報が商品価値を高めている

例えば、リアルな世界でも、いくら優秀な参考書で、
 
「合格者を1000人輩出!」
 
と言ったところで、結局、実際に合格できるかどうかは、
その参考書を使う人次第です。

 

宝くじも、年々、高額当選の金額と
億万長者になれる人数が増えている気がしますが、
 
販売者側が、いくら「200人が億万長者!」とアピールしても、
大半の人は、その確率と当選金額を実感できないまま、
大晦日にクジが紙きれになり、ゴミ箱直行なわけです。

 

あとは、自動車のカタログの燃費の数字とか、
ネット回線、携帯電話の電波の速度とかね(笑)
 

ほぼ確実に、理論値で使用し続けることは不可能なのに、
それをウリに、大々的に宣伝しているわけです(^^;)

 

このように情報商材だけではなく、
リアルビジネスでも、多くのものが理想論を唱え、
購入者に大きな期待をさせつつ、購入後に、
 
「まあ、実際はこんなもんだだよねw」
 
と幻滅させているものです。
 

仕掛けられる側の人は、このように、
いつまでも仕掛ける側の人間のいいように、
思考を操作され続けています。

 

もし、あなたがまだネットビジネスで成功していないのなら、
必ず必要になってくるのが、「仕掛ける側の思考」です。
 

物販でもアフィリエイトでも、仕掛けられる側(購入者)に
どのような情報を与え、どのような気持ちや感情にさせて、
商品を売り込んでいくのか・・・?
 

また買いたくなる気持ち、
何度もサイトを訪れたくなる気持ち・・・といったことが非常に重要。

 

成果を出すためには、普段から仕掛けられる側の人間が
どのような行動を起こすのかを、あらかじめ予測することにより、
大きな結果を出すことが可能になります。

 

適切な情報を与え、納得してもらい、
ファンになるように情報を商品を提供していけば、
 
必然的にリピーターがついたり、
高額商品が売れたり・・・と、ビジネス面でも報酬面でも、
どんどん良い方向に向かっていくはずです

 

とくに情報系の商品は、読み手に情報を与えることで、
簡単に価値の操作が可能だということを、充分に意識してください!

 

ただ単に、情報商材やノウハウを手にして、
「詐欺だ!騙された!」と考えるだけではなく、
 
情報をどう活かせば、大きな結果が出せるのか?
 
そして、仕掛ける側の人間、仕掛けられる側の人間の
両方の思考を読み取っていくのが、
ネットで稼げるようになる重要な要素です。

 

もし、今までなんとなくノウハウを実践していたり、
無料の怪しい情報に振り回されていた人は、
情報を見る視点と、活用方法を考え直してみて下さい。
 

何かわからないことがあれば、
お気軽にご相談くださいね(^^)
 

ではでは、青島でした。

 

※今回は、2部構成にしました。

第1部は、現在「仕掛ける側の立場」に立って、
ブログや商品を販売している人向けです。

【第1部】情報で商品の価値を操作する思考

 

まずは、ブレない明確な目標を立てるのが、
ビジネスをうまく進めるコツです(^^)

ネットビジネスで成功する具体的な目標設定の方法