青島です。
 

今回は、
「ツールを使って稼ぎまくるにはどうしたらよいのか?」
ということを書いていこうと思います。

 

・・・とその前に、
先日、群馬県草津温泉に行ってきました。

かなり久しぶりに行ってきたのですが、
いい意味で、雰囲気が変わってましたね・・・(^^)
 

天気が良すぎて、温泉街を歩いていたら
汗だくになりました。

運動不足を実感です。

こんなところにバス停があるけど、
バスなんか通れるのか・・・?さすが草津w

と思っていたんですけど、
「トトロ+バス停」の名シーンですよね・・・。
後で写真ながめて気づきました(笑)
 

さて、僕がいい意味で
草津温泉の雰囲気が変わったと思ったのは、
どうやら草津温泉低迷期に、
黒岩信忠氏が町長に就任して改革を行なったからっぽいです。

「300万人の観光客を呼び戻す」と、
財政改革、そしてまちづくりを進め、
見事目標を達成したそうです。

https://www.projectdesign.jp/201612/hotsprings/003300.php
(参考サイト)
 

黒岩信忠町長は、行政に

  • 「投資をしたら回収する」
  • 「収支のバランスシートを改善する」
  • 「損益分岐点を重視する」

といったビジネスに必須の感覚を持ち込んで
行政主導の改革を実行したそうです。

黒岩信忠町長自身が
草津町内や東京で事業を手掛ける
実業家でもあるそうなので、
 
まさに草津町全体がひとつの企業グループで
見事、再建を果たしたというイメージをしてしまいます。
 

表現は悪いかもしれませんが、草津の温泉街全体を、
「行政にとっての稼ぐ自動ツール」と見立てると、
 
黒岩信忠町長は、
温泉街の有益な点と問題点を分析し、
 
温泉街の良いものは残しながらも、
改善点を1つずつ対応した結果、すばらしい集客力と、
利益を復活させたんだなぁと感じました。
 

少々こじつけ感はあるかもしれませんが、
「ツールは使い手によって結果も利益も異なる」
といった例にしても差し支えがないと思います(笑)
 

そんな感じで、
すべてのツールやシステムに言えることですが、
何も考えないでほったらかしで動かしたって、
多くの場合、何もいい結果を生み出しません。

 

逆を言うと、
使い手のスキルや知識、経験が多いほど、
その力を何倍にもしてくれるもの
だと言えます。
 

要するに、力がゼロのままの人は、
いくら掛け算してもゼロってことですね(^^;)
 

僕自身、ネットで稼いでいるとはいえ、
別に特殊能力を持っているわけではなく、
普通の人間か、それ以下の
能力の持ち主だったと思います。
 

僕のパソコンやゲームが得意ということが
たまたま今の時代にマッチして、
 
パソコンというツールを活用して
自分の力を何倍にしたから、
稼げたということにすぎません。
 

ただひとつ、稼げたことをきっかけに
今でも毎日、新しい情報を取り入れたり、
知識やスキル、経験を得て成長する
という意識だけは、常に持って進化を目指しています。
 

パソコンだけではなく、
個々の作業で使うツールに対しても、
自分の知識やスキルを活かすことにより、
 
個人の力が何倍も大きくなり
大きな結果を出すことが可能になります。

 

わかりやすい例だと、単純な作業でも、
人力では24時間ぶっ通しは無理だけど、
機械ならずっと動き続けてくれますからね(^^)

しかし、問題は「どう使うか?」ということです。

せっかく良いツールやシステムを使っても、
結果が出ない人は、使い方や考え方に問題があります。

 

自動ツールを活用して稼ぐために必要な思考や戦略

重要なのは、

  • 「どういった目的で使うのか?」
  • 「自動ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

という点です。

あくまで、主導権を握るのは人間側で、
ツールは従の立場でなくては、ならないということです。

 

本題に入る前に、まず前提条件として、
「ツールやパソコンは、指示された通りに動く」
ということを少し書きたいと思います。

もっというと、コンピュータは
「指示された通りにしか動かない」ということです。
 

プログラムによっては、
大文字のAと小文字のaを間違えただけで
まったく動かないものがあります。

ある意味、パスワードなどもそのひとつでしょう。
 

例えば、僕がよく間違えるのが、
大文字のI(アイ)と小文字のl(エル)を見間違えて、

「なぜログインできないんだ~~!?」

と発狂するくらいパスワードを入力し直して
ログインロックされることがしばしばあります(笑)

現実世界の鍵なら、叩いたり蹴飛ばしたり
バーナーで焼き切ってしまえば・・・(以下自粛)
 

厳密にいうとプログラムの種類にもよりますが、
100万語のプログラム言語のうち
1語でも間違っていたら、動かなかったり、
結果が違ってくるプログラムは、山ほどあります。
 

そして、ツールを使う人間が、
ツールを使う意味を理解していなければ、
 
ツールの機能は、
まったく役に立たない可能性があるばかりか、
時には危険な場合もあります。
 

投資系の自動売買ツールを買わされて、
おバカツールの自動売買により、
大切な資金を失った人も多いでしょう。

自動売買ツールで稼げると思った結果、
資金を失ったという危険なツールの使い方の例です。

⇒ もう詐欺ツールを買わされるのは嫌だ!と叫んでいる人は必見
(執筆中)

 

実際に、情報商材でも多数のジャンルで
自動ツールが販売されていますが、
非常に有効なツールはたくさんあります。
 

ただし、導入する前に下記の項目を
はっきりさせておくこと。

「どういった目的で使うのか?」

「どのように使用するのか?」

「その自動ツールを使うとどういう結果が出るのか?」

(できれば、なぜそのような結果が出るのか?を理解する)

「自動ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

 

ということを
理解しておくことが重要です。
 

上記の5項目があいまいであればあるほど、
「ツールを使いこなせていない=稼ぎに直結する理由がない」
ということになるはずです。
 

ツールを使って稼ぐための具体的な考え方と例を紹介


 

先ほど上げた5項目の内

  • 「どういった目的で使うのか?」
  • 「ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

という点は、特に重要だと思います。
(例をあげて後述します)
 

使えるツール、使いやすいツール、
稼げるツールというのは、このあたりが明確です。

もしくは、汎用性が高いツールなら
あなた自身が使うときに、どうやって使うか、
結果をどう活かすかが稼ぎに繋がるということです。
 

例えば、僕はいくつかツール系の商材を
ブログで紹介していますが、
人気のものをいくつか例に挙げて
 
「どう使うのか?」という点を
明確にしてみたいと思います。。
 


「どういった目的で使うのか?」

アフィリエイトで人気の投資ジャンルで
必須とも言える情報の鮮度を自動更新により保つ。
(常に最新情報を発信)
 


「ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

はっきり言って、自動で出来上がったサイトを見れば、
ここまで集客力と情報力のあるサイトが自動で出来上がるのか・・・
と、驚きが隠せないはずです。

システムを導入して、
「これが自動更新される自分のサイトだ」と思うと
ニヤニヤが止まりません。

サイトの構成が苦手な初心者の方には
最強クラスのサイト自動生成システムと言えます。

このまま何もせずとも、
それなりに結果が出るのではないかと錯覚するほどです。
 

ただし、クリック課金系の広告なら
自動更新の部分だけで集客しても
多少は結果は出ると思いますが、
 
やはりせっかくの投資系ジャンルで
結果を大きく出すなら、オリジナルコンテンツ、
つまりキャッシュポイントに繋がるページを
自分自身で作る必要があります。
 

やはり思考停止状態で、
自動更新に頼りながら稼ごうと思っても、
ARPの機能を活かしきれていないと言えます。

月収100万円も目指せるジャンルなので、
ツールがサイトの情報の鮮度を
保ってくれていることを利用して、
 
少しずつでも確実に売れるサイトを
構築していくのが重要です。

 

「どういった目的で使うのか?」

実はいろいろな使い方がありますが、
今回は集客力のあるサイトにリンクを仕掛け、
サイト不要・記事不要で稼ぐという点に注目。
 


「ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

ツールで出来るのは、クッションページの作成です。

ツールを使って出た結果をどう利用するか、
仕掛け方次第でスパム行為にもなり、注意が必要。

やたらジャックリンクを仕掛けても
スパム行為にしかなりません。

 

やはり、ノウハウを元にして、
自分のスキルや知識、経験を活かせば活かすほど、
簡単に稼ぎに直結ツールです。

ボーっとしながら仕掛けても、
逆にスパム行為とされて、
場合によっては、痛い目にあう可能性が高いです。
 

ただし、集客力のあるサイトから
コバンザメのようにアフィリリンクに誘導でき、
サイト無し、記事更新不要で稼げるのは魅力的過ぎます。

稼ぐために本気で戦略を練るのがおすすめ。

あとは、自分の知識や経験値が高まるほど、
面白いように仕掛けができるはずです。
(ある意味、一番反則w)

 

 

「どういった目的で使うのか?」

キーワード収集の補助ツール。

キーワード収集は手作業でやると
非常に手間と時間がかかる作業なので、
ももんがを使い始めたら、その便利さに感動します。


「自動ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

汎用性が高すぎるツールなので、
ももんがで出た結果をどのように活かすか
決めていないと意味がないですね。

使い方次第ですべてのネットビジネスの助けになり、
大金を生み出すきっかけになるけど、
単体では1円にもならないのは言うまでもありません。

 

 

「どういった目的で使うのか?」

文章を1クリックで自動で生成出来るソフト。

様々なジャンルの文章を1ワンクリックで
1万ページ作成することも可能。

はっきり言って異次元レベルですw


「自動ツールで出た結果をどのように利用するのか?」

自動生成した文章がGoogleにインデックスされることも
僕自身で確認しているので、
そのままでサテライトサイトに
使えなくもないけど、効果は薄いはず。
 

文章自動生成ツールとしては非常に高機能なので、
単語置換機能などを活用した上で、
より自然な文章にするための、
多少のリライトは必須と言えます。
 

一応、自動生成したままの文章で
簡単に結果を出す方法もなくはないですが、
 
それらもやはり、仕掛け方という知識やスキルが必要。
教えてもらうならまだしも、知識もない初心者が
いきなり思い付いて実践すること厳しいと思います。
 

結局は、自動生成でできた文章を
どうやって活かすか?に行きつきます。


とまあ、いずれも非常に便利なツールですが、
目的、結果の活かし方がわからなければ、
いつまで経っても稼ぎに繋がらない
ということになりかねません。

知識も経験もないままでは、ツール単体で稼ごうと思っても、
非常に厳しいか、もしくは、少額しか稼げないまま
終わる可能性が高いです。

 

繰り返しますが、あくまで、主導権を握るのは人間側で、
ツールは従の立場でなくては、ならないということです。

 

「このツールを買ったから稼げる」
ではなくて、導入したツールを最大限生かすために、
いろんな知識やスキル、そして
実際に使ってみるなどの経験は必須ですよ(^^)
 

困ったり使い方に行き詰ったら、
僕がサポートします。

ネットで大きく稼ぐために
ツールで効率化を目指してみてください(^^)

 

良かったらこちらのレビューもどうぞ

自動サイト生成システムの革命が起きた!?ARPの情報量がすごすぎる

【追記】オートレスポンスサイトプログラムARPのジャンル別ランキング公開!口コミや評判、質問を暴露

サイト不要・記事更新不要・仕掛ける楽しさが癖になるJLS

キーワード収集の時間をほぼゼロに!?「ももんが」が便利すぎる