青島です。
 

今回のテーマは、
 
「1記事で成果報酬に繋げる、ターゲットの明確化」
 
といった感じで、
書いていこうと思います。
 

以前にも、集客について、
少し書いたことがあるのですが

アフィリエイトで集客は重要?アクセスがあっても稼げない理由
 

基本的に、人は目的があって、
サイトにアクセスしてくれます。
 

ということは、その目的が達成される
内容が書かれていなければ、
「時間の無駄」と判断されて、即・離脱に繋がります。

 

多くの人は、悩みや欲求をキーワードに変換して、
検索エンジンからサイトを探します。
 

そのため、ただ、やたらに記事の中に、
キーワードを盛り込むのではなく、
 
しっかりとターゲットを意識して、
来てくれた人にとって、価値のある記事
仕上げていくことが必要です。

 

検索数の多いキーワードから、
記事の内容を決めている人も多いと思いますが、
 
キーワードに隠れている、サイト訪問者の悩みと、
記事に書かれている内容が繋がらなければ、
行動を起こしてもらえません。
 

どんな良い内容が書かれていても、
来てくれた人の目的を果たさなければ、
 
それは、ゴミ記事同様の扱い
一緒になってしまいます。

 

逆に、

キーワード

↓↓↓↓

悩み・欲求

↓↓↓↓

記事の内容と、解決策の提示

 
といった流れが、ばっちり決まれば、
例え、1記事しか読んでくれなくても、
報酬に繋がることは、よくあることです。

 

ターゲットを明確にするにはどうしたらよいか?

ターゲットを明確にする一番簡単な方法は、
自分自身や、まわりの人を、
ターゲットとして考える場合です。
 

おそらく、身近な人であればあるほど、
より明確にイメージできるはずです。

ターゲットがより具体的になれば、
考えていることや求めていること、
そして、その解決策も提示しやすくなりませんか?(^^)

 

あなた自身の過去の経験や悩みが、ターゲットに刺さる記事ネタになる


 

以前、自己分析について
記事を書いたことがあります。

自己分析:稼ぐためにはまず自分の知識や経験を把握する

 

自己分析の項目として、

  • あなた自身の好きなことや、おすすめ
  • 悩みだったことの解決方法
  • 仕事や資格の取得について、役に立ったこと、つまづいたこと
  • どうやって乗り越えたのか?
  • 何が役に立ったのか?どのように役に立ったのか?

ということを起点に考えれば、
何も知らないことを記事にしようとするより、
何倍も書きやすいはずです。
 

そして、過去の自分や、身近な人が経験したことなので、
おそらく、適切な解決方法に、
少なからず、説得力が出てくると思います。

 

初心者のうちは、このように、
まずあなた自身の身近なことから、どんどん展開していくと、
比較的、作業が進めやすくなります。

体験談などを絡めれば、
オリジナル記事も書きやすくなるはずですしね(^^)

 

まったくの他人をターゲットするときのコツ

あなた自身や、まわりの人をイメージしながら、
ターゲットを選定する方法は、
非常にやりやすい代わりに、
 
人によっては、記事にできるジャンルや商品が、
極端に少なくなってしまうこともあると思います。
 

そういった場合は、とりあえずターゲットが
イメージ出来るような、情報収集を始めてみるとよいです。

 

例えば、漫画や本でもいいし、
好きな有名人などでもいいと思います。

もっとリアルな一般の人をイメージしたい場合なら、
Yahoo!知恵袋などの、コミュニティサイトも有効です。
 


https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

「どんな人が、どのような悩みを持っているか?」

というのは、ある程度、大まかなターゲット選定をして、
より具体的に調査していけば、
比較的簡単に見つかるはずです。
 

または、紹介したい商品が決まっている人は、
具体的に、その商品を購入している人はどんな人か?

どういった悩みを持っているのか?

セールスレターやランディングページがある商品なら
ほとんどの場合、特定のターゲットに向けた
作りになっているはずです。

※複数のセールスレターがある商品も多いです。
 

具体的なターゲットがわかっていれば、
キーワードに対するアクセスを、商品ページに誘導すれば、
必然的に成約率は上がるはずです。

 

「今までなかなか成果が出なかった・・・」
 
という人は、
まず「これだ!」と思うひとつの商品を、
具体的なターゲットに向けて、
記事を書き進めれば、一気に反応率が高まると思います。

 

売ろうとする商品を絞り、ターゲットも具体的にイメージしたサイト戦略

売ろうとする商品を絞り、
ターゲットを明確にしたサイト戦略を立てた場合、
必然的に、様々な視点から
記事を構成することになると思います。

  • ターゲットの日常
  • ターゲットの悩み
  • 欲求や不満
  • 商品の魅力
  • 商品のメリット・デメリット
  • 商品の特徴
  • ライバル商品との比較
  • どんな人に人気があるのか?
  • 商品の成分とは?
  • 商品の実績
  • 新発見!この成分は●●に有効

 
上記は一例ですが、ひとつの商品で、
具体的なターゲットに設定したとしても、
いろんな記事が書けると思います。

 

ポイントとしては、サイト訪問者に、
 
「このサイトは、私のために情報発信してくれている!」
 
というくらいに、共感してもらえれば、
少ない記事でも、信じられないくらいの
売り上げを発生させることも可能です。
 

今までなんとなく、やることが見えてこなかった・・・
という人は、まずはひとつひとつ、
具体的に設定を考えて、それに向けて
情報を発信してみてください。
 

記事ネタに困ったら、検索して調べてみましょう!

「いいな!」と思ったライバルサイトの
キーワードやタイトルを、さらに、検索してみることも、
有効な情報収集のひとつですよ(^^)
 

わからないことや相談があれば
お気軽にメールくださいね(^^)

ではでは、青島でした。

 

具体的なサイト戦略を立てるためには?
ネットビジネスとツールにおける戦略と戦術

まずは、あなた自身が書きやすいネタを把握してみて下さい。
自己分析:稼ぐためにはまず自分の知識や経験を把握する

稼ぐために重要!様々な視点で情報を見る意味とは?